2016年05月19日

日記0519

頚椎症性神経根症
脂肪肝
緑内障
腎臓結石
排尿後尿滴下
そして、脇の下のイボ。
これが、いま私が抱える健康上の懸案事項だ。いずれも、原因に思い当たるところがある。
頚椎症は長年、枕を高くして、寝ながら本を読んだり、スマホ、ノートパソコンも首に悪い。
とくに昨年来、原稿の直しで下向きの姿勢が多かった。これがとくによくなかったのではないか。
昼間ジョギングすると、視線は下向きになる。通行人と視線を交わすと、けっこうエネルギーを消費するもので、それを避けるとそういう姿勢になる。これも首にはダメージを与える。
このように、私の頚椎症はなるべくしてなったといえる。
整形外科にかかったところ、「頚椎の炎症」ということであったが、頚椎症性神経根症というのが正式な病名らしい。
これによれば、左手の指の違和感、肩甲骨のコリ、右肩が下がる、上を向くと首が痛むなど、私の症状すべてに合致している。
長年あった違和感がこうして解決したことを思うと、もっと早く対処しておけばよかったように思う。
テレビでもみていれば、こんな健康情報に出くわすのかもしれない。その点、読書だと、おのれの関心事に依拠することになる。
この点も含めて、生活習慣病なのであろう。


posted by 雄峰 at 06:13| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。