2016年03月25日

【160221】この1週間、私としては異常な頻度で出歩き面会している。

この1週間、私としては異常な頻度で出歩き面会している。
先週木曜日は幼稚園のパパ友宅で、家族ぐるみの餃子パーティ。
翌金曜日夕刻、近所に住む旧友が仕事場を訪ねてきて懇談。
土曜日には、御山人師との「百社巡礼」収録とUst放送。
月曜日はいきなり召集され、ラジオ仲間と新宿で面会。
水曜日は税理士と打ち合わせで都心へ。戻ってからそのまま京都別荘へ行き、昨日帰京。
そして今日、司馬遼太郎「菜の花忌」参加で日比谷公会堂へ。
「面会しない出歩かない」と宣言しておきながら、この体たらくだ。
だが、日常が破綻していないのは二日酔いがないおかげだ。
以前のように飲んでいたら、この間、3度か4度二日酔いを発して、みるも無惨な様相を呈していたことだろう。
二日酔いになりやくすなったのは30代に入ってからだ。そしてそれは歳とともにひどくなっていった。
こういう変化は漸進するので、無自覚なまま進行してしまう。
肥満、怠惰、感情制御、遊び癖、浪費癖。これらも同様だ。気づいたら元いた浜辺からだいぶ漂流しているものである。
「漂流」度合いをときどき測定できたらいいなと思う。どれだけ劣化したか客観的に測定し、本来あるべきところに戻してくれる。そんなコーチングなんてあったら繁盛するんじゃないかな。


posted by 雄峰 at 11:31| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。