2016年03月25日

【160209】3年前の健康診断で「脂肪肝」と「緑内障疑い」が指摘された。

3年前の健康診断で「脂肪肝」と「緑内障疑い」が指摘された。
4月に健診を受けるが、脂肪肝は完治したのではないかと思う。一方の緑内障はそれ以来、点眼治療を続けている。過日検査を受けたが、視野欠損は進行していないようで安心した。
高い眼圧が視神経を圧迫することが緑内障の原因であり、もっとも眼圧を高めるのがいわゆるブルーライトというやつだ。
四六時中、液晶画面をみて過ごす人も少なくない。私などそれに近い。
だが、ひとたび緑内障になってみると、視力というものも消耗品であることがよくわかった。
脂肪肝も緑内障も私ならではの生活習慣病だ。そのおかげで、酒や不毛視聴をやめることができた。
これを思えば、病気は、生活の贅肉を削ぎ落とし、本分に注力される効果を持つことになる。
「受領は転んだ所に土を掴む」という。何事からも貪欲に掴み取っていけば、加齢も悪くはないどころか味わい深いものになるだろう。


posted by 雄峰 at 11:21| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。