2016年03月25日

【160204】「結婚生活は長期戦。喜ぶことをするより、嫌なことをしないこと。嫌なことをしないのが愛。」これは、中谷彰宏さんの言葉だ。

「結婚生活は長期戦。喜ぶことをするより、嫌なことをしないこと。嫌なことをしないのが愛。」
これは、中谷彰宏さんの言葉だ。
「恋」は喜ぶことをしあうことで成り立つ。だが、「愛」はそうではない。
いくら喜ぶことを積み上げても、嫌なこと一発で帳消しになってしまう。結婚生活とは、そんな無慈悲な減点法のゲームであるというのだ。
目からウロコが落ちた。
これまで私は「嫌なことをする」と「喜ぶことをする」は帳簿の貸方借り方のように均衡するものだと思っていた。
嫌なことをしてしまっても、フォローすればいいと思っていたのは甘かったといわざるをえない。子孫のため、この機会に修正したい。
この考え方は、仕事に置き換えればよくわかる。信用とは、デタラメ一つで崩壊する。
これくらいの用心深さが家庭生活にも必要だったのである。
久々に、痛烈に耳の痛い話を聴けてとてもイタ気持ちいい。大いに発奮した。


posted by 雄峰 at 11:15| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。