2016年03月25日

【160112】売れたときに備えて、行動指針を定めておこう。

売れたときに備えて、行動指針を定めておこう。
こういう狂気のトラタヌがおのれを奮起させるものだ。
1 儲け話、借金依頼は門前払い。
2008年にそう決めたが、問答無用、これを堅持する。
2 「相談」は有料とする。
弁護士や税理士などの利用者としての経験値が高いのでよく相談を受ける。今後は「業務」として受託する。1時間1万円、場所は八王子のエイトビート。
3 役員・役職に就任しない。
責任が発生するいっさいの役職には就かない。
4 面会しない、来客を受けない。
志の実現に資する案件以外は面会しない。メールなどで済ませる。
5 紹介しない、紹介されない。
これも志の実現に資する案件のみ。
ーーと結界を張った。
世の事象を観察すると、ポジションを維持できずに転落してしまう人たちはこうした予防線を張ることに無頓着である。
落人としてまがりなりにも再起を期すことができるのは、こうした未来に対する想定をつねにしてきたからであろう(とはいえ、それが甘かったから落人になったのだが)。
取らぬ狸の皮算用?
たしかにそのとおり。
嗤わば嗤え。自分でも嗤ってしまうくらいだ。


posted by 雄峰 at 10:56| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。