2016年03月25日

【160106】フェイスブックとは何か? それは「飲み会」である

フェイスブックとは何か?
それは「飲み会」である
ーーこれが私の行きついた答えである。
タイムライン上に現れる友人たちとのおしゃべり。あれ食った、どこ行った、誰と会った。いずれも飲み会の話題だ。
「こんど連れてって」「OK!」といった空虚なやりとりから、酔客の暴言まで、リアルの飲み会と変わらない。
こういう視点でながめてみると、フェイスブックをさかんにやっている人たちは飲み会好きだし、飲み会好きはフェイスブックによく投稿している。
私が飲み会から足が遠のき、それと同時にフェイスブックからも遠のいていったのは当然の流れだったのかもしれない。
さて、フェイスブックが飲みの席だということになると、私がフェイスブックで行ってきた言動は非常識であるといわざるをえない。
いってみれば、飲み会の席で滔々と自説を展開するようなものだからだ。
だが、思い返してみると、私は飲み会でもそういうことをしてきた。
これでは、飲み会の作法をわきまえていないと非難されてもしかたがない。
自論を述べたいのなら、酒の席ではなく、しかるべき場で行うべきであったと反省している。


posted by 雄峰 at 10:46| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。