2016年03月25日

落人日記(116)


この1週間でケータイの受着信が3件。メールもほとんど来ない。ありがたいことだ。
起業した2000年頃、1日に受着信が30回、メールも30通はくだらなかった。当時はそれが誇らしかった。
いまはこの静けさが誇らしい。ガチャガチャとやりとりせずとも、稼働しているという証左だからである。
若いころの活発なコミュニケーションは行動の糧になる。だが、歳をとってからのそれは苦痛の種になる。
加齢による体質変化を踏まえて切り替えないと、40代後半あたりでクラッシュしてしまう。
いきなり移行することはできないから、コミュニケーションを着実に減らしながらも、質の高い仕事ができるように一歩一歩整えてゆくべきであろう。
それに際して、SNSの扱いについて方針が定まらない。
広く門戸を開いておくべきか。それとも、あらかじめ制約を加えておくべきか。
先達たちの取り組みを調べて、それを取り入れることにしよう。


posted by 雄峰 at 10:44| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。