2015年12月02日

断酒日記 74日目「男酒日記」


明日から「男酒日記」へと看板を掛けかえることにした。
断酒は続けるが、「断酒」より「男酒」として語るほうが実態に見合うと考えたからである。
何度もいうが、断酒しているとはいえ酒を否定しているわけではない。
ただ、私の場合は、気づいたら酒ではなく「アルコール」を飲んでいたのである。
諸兄もあるいは、山中で出会った狐が化けた美女から振る舞われた「美酒」のように、馬のションベンを飲んでいるのかもしれない。
昨今の酒をめぐる状況はこれによく似ていると思えてならない。
一度リセットして、酒を捉えなおし、どうつきあうのかを考えてみる機会は重要であると確信する。
かくいうが、当初はこの日記で、断酒をめぐる七転八倒を書くつもりであった。ところがそれはいとも簡単に成し遂げられた。
それどころか、断酒を続けているうちに、自分、社会、時代というものについて、これまでになかった知見と私見を得るに至った。
となれば、「断酒日記」ではいくらか語りにくい。
そこでこの機会に「男酒日記」とあらためて、日々思うところを綴ってゆくことにしようと考えたのである。
皆様、今後とも、よろしくお願い申し上げます。

写真:高田駅前、郵便ポストの上に設えられた上杉謙信像。男と酒というと、まずこの英雄が思い浮かぶ。

12246767_898306683582128_9154457385350902537_n.jpg


posted by 雄峰 at 11:33| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。