2015年11月02日

断酒日記 51日目「ラーメンの公食追放を解除」


高田駅前にある「駅前ラーメン」は夜8時に開き、深夜2時に店じまいする。ずいぶん変わっているが、客層を見ればうなずける。
周囲は名うての飲み屋街。酔客たちは、ここを締めの一軒にしているようで、夜がふけるにしたがって賑わいを増す。
私はこれまで10回以上は来ているが、シラフで入店したのは今回が初めてである。
ビールを頼むこともなく、ラーメンのみ。600円也。
昔ながらの中華そばで、ラーメン百花繚乱時代のなか、ここまでの昔スタイルはもはや希少価値といえよう。
店内にはBGMがなく、空いているときは湯気を吐き出す換気扇の音だけが響き渡って心地よい。
まだ、時間が早くて閑散としているが、私以外の客はいずれも飲んでいる。ここはラーメン屋というより、ラーメン居酒屋なのだろう。
それにしても、飲まなくなってから、めっきりラーメンを食わなくなった。
以前からカロリーを気にしているので、シラフでは、なかなかラーメンに触手が伸びない。
食うのは、飲んでやけっぱちになってしまったときくらいである。
深酒してのラーメンはうまいものだが、ひとたびこの不始末をやらかすと、復旧するのに3日はかかる。
かようにラーメンは、二日酔いなど、酒にまつわる忌まわしい体験とともにある。断酒とともに、ラーメンは「公食追放」されていた。
さて、シラフでラーメン。これがじつにうまかった。
つねに飲んでから食っていたので、長らく、ラーメンというものにきちんと向き合っていなかったようである。
酒とともにパージしたラーメンであるが、食い方をあらためればもう一度健全なつきあいを再開できるかもしれない。
写真:新潟県・高田駅前の「駅前ラーメン」。ドラクエに出てくる謎の店の雰囲気。

12196277_889060754506721_1551023744763378710_n.jpg

17019_889060774506719_6815022776570705123_n.jpg



posted by 雄峰 at 13:38| 落人日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。